NEWS ホスナビニュース

第14回ホスナビグランプリNo.1 MEN'S & QUEEN 栄容勇音さん

第14回「ホスナビグランプリ」にて見事、優勝したのはMEN'S & QUEEN「栄容勇音(はるかたいさね)」さん!おめでとうございます♪

5連覇中だった絶対王者「Noel」を抑えて見事グランプリ獲得!一体どんな戦略で勝利したのか?濃密な2週間の裏側をインタビューしてきました!

■優勝おめでとうございます!

ありがとうございます。

■デイリーランキングも開催期間中は全て1位でしたね

Men's&Queenのスタッフやお客様だけではなく、仲の良い店舗にもお願いして4店舗体制で応援してもらっていましたので、かなりのGOLD数が稼げたと思います。

■どんな戦略で勝負に挑んだんですか?

実は、開催前日までMEN'S & QUEENの中で誰を応援するか決まっていなかったんです。急遽、僕に決まりまして(笑)

とにかく、先行逃げ切り作戦だったので、応援ボタンを押してもらうことはもちろん、タイムラインの投稿も初日からガンガン飛ばしていきました。

Myページに入れば「誰がいいねしてくれたか」が分かりますので、マメな人は本当に毎日徹底していいねしてくれていたのが嬉しかったですね。

あとは、「優勝したらご飯おごります」と公言してましたので、それが従業員の心に火をつけたのかもしれません。(笑)

■優勝したので実行しないと(笑)

今まさに消化中で随時ご飯を御馳走しているところです・・・(笑)

今回の勝因はスタッフだけではなく、お客様にもかなり協力してもらったことにあります。営業中もマイクを使ってアナウンスをする”応援タイム”の時間がありました。その時間は全ポイントを僕に集める時間です。

お店全体で応援の仕組みをつくり、盛り上げてくれた結果が勝利につながりました。応援してくれたお客様にも、感謝の気持ちを込めて簡単なプレゼントを配りました。

■勇音さんがホストになったキッカケは?

僕はホストになってもう7年になりますが、最初は大学に行きながらアルバイトでホストデビューしました。

元々、教員になる為に大学へ進みました。大学生のときのバイトは塾講師。最終的には教員を目指していたんですが、ホストにも興味あったので大学に通いながらアルバイトとしてホストをはじめた流れですね。

ただ、最初4年半は全くと言っていいほど芽が出なかった・・・歌舞伎町でいろんなお店を周りながら、13店舗目に入店したのがMEN'S & QUEENでした。

■大学卒業後はホストに就職したということで?

ちょうど卒業の数ヶ月前、昼間の企業に就職するかホストを続けるかの選択をしなければならない時期になっていたんですが、当時MEN'S & QUEENでバイトとして働きはじめて、居心地の良さと代表の人柄に惹かれて「このお店でホストとして本気で頑張ってみたい!」と思い、ホストの道を選びました。

このお店で働けて良かったと思っていますし、今ではこのお店を辞めるときがホストを辞めるときだと思っています。

■ホストになると聞いて周りの反対はありました?

親には蕎麦屋に就職したと伝えていましたので(笑)

■今でも、蕎麦屋で働いていることになってるんですか?

いえ、今はホストとして働いていることも知っていますよ。

妹が新宿に遊びに来たときに、ホストの看板に僕が載っているのを見てしまって・・・

■蕎麦屋に就職した兄がホストの看板に出ていると・・・

そうです(笑)そんな流れで身内にも知れ渡りまして・・・。

でも、今では自分がホストとして働いていることを誇れるまでになれました。妹も自分が働くお店に遊びに来たこともありますし、ここまで誇れるようになったのもMEN'S & QUEENというお店に出会えたからだと感謝しています!

■最後にメッセージをお願いします

今回、応援してくれたみなさん本当にありがとうございました!

MEN'S & QUEENに遊びに来てみたい方も、働いてみたい方も、本当に居心地の良いお店づくりをおこなっていますので是非お気軽にお越しください!

撮影の様子

Special Photo

栄容勇音(はるかたいさね)

プロフィールページ

歌舞伎町MEN'S & QUEEN

店舗ページ

TOP NEWS 人気記事