NEWS ホスナビニュース

映画好きホスト28 プロデューサーとしても活躍する名俳優ブラッド・ピット

タランティーノが監督を勤め、僕も大好きな俳優レオナルド・ディカプリオとの共演作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が話題となり、先月にはには主演を務める新作『アド・アストラ』が公開されたブラッド・ピット。実は映画プロデューサーとしても素晴らしい一面があるという事をご存知でしょうか?

今回はアカデミー賞をはじめ、俳優としても映画プロデューサーとしても、数多くの映画賞でノミネートされる、天が二物を与えてしまった俳優ブラッド・ピッドについて書いていこうと思います!

生い立ち

トラック会社を経営する父と、高校のカウンセラーの母という保守的な家庭に生まる。

スポーツや文化的活動を積極的に勤しむ普通の学生であったが、学位取得2週前にして将来を見据えた際、物事が何も発展しないように感じる。

映画を観て感じた情景や、彷彿とするような気持ちを忘れられず、俳優になるために325ドルを手にミズーリからロサンゼルスに向かう。

ヒットまでの道のり

演技レッスンを受けながら、運転手やファーストフード店でバイトをし、映画やテレビのゲスト出演を数年繰り返す。

その後、1991年に出演したロードムービーで知名度を上げる。以降、彼をセックスシンボルにし、95年にはピープル誌が選ぶ『最もセクシーな男性』に選ばれ、映画『セブン』にて世界的興行成功を収めた。

代表作が多過ぎる!!!

今回のコラムを書くにあたり、いくつかの作品に絞って出演作を紹介をしていこうかなと思っていましたが、いかんせん代表作が多過ぎる…。

俳優としては
・1996年 12モンキーズ 助演男優賞
・2009年 ベンジャミン・バトン 主演男優賞
・2012年 マネーボール 主演男優賞
と3度のノミネート

プロデューサーとして製作に関わった作品では
・2006年 ディパーテッド
・2014年 それでも夜は明ける
・2016年 ムーンライト
の3作品がアカデミー作品賞受賞

・2012年 マネーボール
・2016年 マネーショート
の2作品で作品賞ノミネートと、映画プロデューサーとしての実力も披露。

映画プロデューサーとしてのブラピ

製作としてのブラピの功績について軽く触れましたが、実は『プランBエンターテイメント』という製作会社を2002年より自らの手により設立しており、アカデミーに関わった前述の作品の他

・チャーリーとチョコレート工場
・キック・アス
・ワールド・ウォーZ

とメジャー作品を手掛けており、今ハリウッドで最も注目されている製作会社の一つとなっています。

オススメ出演作3選

ファイトクラブ

空虚な生活を送る主人公は、謎の男タイラーと出会いひょんな事から殴り合いになる。痛みの中で生きている実感を取り戻した主人公は、社会的地位など関係なく男と男が1:1で拳を使い殴り合う地下組織『ファイトクラブ』をタイラーと共につくり上げる。組織は徐々に発展しテロ行為を計画する程、過激化してしまったことに主人公は疑問を抱くがー。

ブラッド・ピット×エドワード・ノートン二人の名優が輝く、まさに男の中の男による男のための映画! 男でこれを嫌いなヤツなど見たことがない作品。熱いだけの作品かと思わせ、最高の伏線回収を魅せてくれる大どんでん返し系映画。

マネーボール

メジャーリーグ貧乏球団のゼネラルマネージャーに就任した主人公が独自の理論である「マネーボール理論」を推し進め、前人未到のシーズン20連勝の常勝球団に育て上げた男の半生をブラッド・ピットが演じる感動的なヒューマンドラマ。

低予算の中で勝つには打率よりも出塁率を重視してとにかく埋もれた才能を安く買い叩き、他を高く売るという当時では非常識とも思えるマネーボール理論は結果として後の野球界を大きな改革をもたらす。

まだ爆発的に売れる前のクリス・プラットが主な人物として出演していたり、発想次第で道を作る力には勇気をもらえる!

フューリー

ナチスドイツへの最後の攻撃をブラッドピット率いる戦車部隊の視点から描く。戦争映画に出てくる戦車というと敵として登場する作品が多い中、本作は主人公の戦車を中心とした視点で描かれているという今までにない新しいつくりになっています。人を殺すのを躊躇う新兵に対しての戦争の悲惨さ無情さ成長、敵を殺す事の意味を描いた作品。

ブラピ兄貴がとにかくかっこいい…最初は狂っていると感じた先輩兵士達も最後には狂わなきゃ生きていけないのだなと、戦場における正解は何なのか?を考えさせられる。ラスト、5人で300人ものドイツ兵に挑むシーンは必見!

次回は今話題の「ジョーカーとDCシリーズについて」です! お楽しみに!

神咲あかり(ん)
プロフィール

映画評論家×ホストという異色な肩書き。

好きな映画はMCU(マーベル映画シリーズ)。好きな監督はクリストファー・ノーラン。

少しでも多くの人に映画の魅力を伝えるべく執筆中。

最近はアニヲタをかじるも年間の鑑賞本数は300本超!現在は歌舞伎町最大手グループ、グループダンディの本店TOP DANDYに在籍中。

TOP NEWS 人気記事