ニュース

映画好きホスト23 最恐のお化け屋敷映画5選!

2019/04/12 (Fri)

映画好きホスト23 最恐のお化け屋敷映画5選!

新しい元号も発表され2019年映画の記事をまだ一つも書いてませんでした。最近アニヲタな映画評論家ホスト神咲 あかり(ん)です!

連載の第4回「ホラー映画で生き残る方法」では「ホラーあるある」について書きましたが、作品紹介はしていなかったので結構多くの方にオススメを聞かれて実は困っていました。

というのもホラーというジャンルは恐怖を扱っているので観る人の生きてきた環境、宗教観によって感じ方が大きく変わるジャンルなので、一概にコレが怖いからオススメ!とハッキリ言えるものが少なく…苦笑

・ホラーほどサイトによって発表している作品がバラけるものがない
・邦画、洋画で雰囲気がガラっと変わる

だが興味を持ってくれたモノには勿論応えたい…という訳で今回のテーマはこちら!笑

映画評論家ホストが選ぶ最恐のお化け屋敷映画5選!

映画観賞というのは非日常体験であり最高のエンターテイメントというのが僕の持論なので、今回はとにかく後味や鑑賞後とかではなくとにかく鑑賞中が楽しい作品を! 出来れば大人数で観て欲しい! とにかく鑑賞中にビビって驚ける、そんなお化け屋敷のような作品!という事にのみフォーカスを当て選びました!それでは行ってみよう!

パラノーマルアクティビティ

僅か160万で作られた超低予算ホラーの金字塔!
ラストワンシーンの為だけにあるびっくり映画!

一組のカップルが夜毎悩まされる不可思議な現象の実態を突き止めるため、部屋の中にビデオカメラを設置。次々と彼らに降りかかる怪奇現象の数々をドキュメンタリー・タッチで描く。

中盤まで映画特有の過剰演出など一切なくジリジリと進行していき、一見すると地味で退屈に感じるテンポもラストの怒涛の展開に向け、観客を丁寧に世界観に引き込んでくれる。

全米公開劇場数12館で始まった本作は、1ヶ月後には2000館に広がり全米1位を獲得! その広がりはまさに「カメラを止めるなの如く」とにかく続編が出るたびつまらなくなっていく作品なので1作目のコイツだけ観てあとはそっと閉じてください! 笑

REC/レック

P.O.V.ホラーの最高峰! まるで自分がそこにいるかのような感覚になる臨終感溢れるゾンビ映画!

レポーターのアンヘラは、あるアパートに出動する消防団に同行取材を行う。現場にいたのは血まみれの老婆。老婆は警官にかみ付き、建物は外から封鎖されてしまう。救出に来た衛生士の口から、この建物で発生したと思われる人や動物を凶暴にする病原菌の存在を知らされ……。

逃げ出せない閉鎖空間で正体不明の敵に襲われる様を、ビデオカメラ越しの主観で観るというのがミソな作品でまさにお化け屋敷映画! アパートの住人が突如凶暴化して襲ってくるも、感染経路が分からなくこの圧倒的に足りない情報量が不安と恐怖心を生んでくれる(笑)

こちらも続編がアレな映画なのでこれだけだと思って鑑賞してください!

ドント・ブリーズ

空き巣で入った家にいたのは盲目の超人老人!
声を出せば殺される究極のシチュエーションホラー!

デトロイトで暮らす3人の若者は、目の見えない老人の家に空き巣に入る。老人が眠っている間に金を盗むだけのはずだったのだが、3人は思わぬ事態に巻き込まれ、恐怖を味わうハメに…。

元軍人のこの盲目じいちゃんがとにかく強く恐怖心を引き立ててくれ、息をひそめる主人公に釣られて思わずこちらも息を殺してしまう!そのうち明らかになる老人の異常性にも注目!

ウィンチェスターハウス

実在する幽霊屋敷を舞台に驚かす事に全霊を注ぎ込んだまさに観るお化け屋敷!

銃の開発によって膨大な富を築き上げたウィンチェスター一族の女性で、娘と夫に先立たれたサラは、銃で死んだ人々の怨霊から身を守るため24時間365日、とりつかれたように屋敷の増改築を繰り返していた。

狂気にとらわれたサラを診察しに屋敷を訪れた精神科医のエリックは、ある部屋に違和感を抱く。

フィクションと疑いたくなる家の造形と改築理由だけれどしっかり実話! とにかく驚かす事にのみ焦点を当てたような作品で観ていて楽しい(笑) 大人数で観たい作品。

グレイヴ・エンカウンターズ

映画好きホストが選ぶキングオブホラー映画。廃墟と化した精神科病院に閉じ込められる

超常現象を調査しているリアリティー番組「グレイヴ・エンカウンターズ」のプロデューサー、ランス・プレストンと撮影チームは、1960年に閉鎖されたコリンウッド精神科病院にやって来る。

実はこの番組はただのヤラセ番組で、一行は誰も霊の存在など信じていなかった。視聴者を怖がらせる映像を撮るためいつも通りに演出するが、そのうち本当の超常現象と思われる出来事が発生し……。

テンポが非常によくとても観やすい作品で個人的に最も好きなお化け屋敷映画でありホラー映画。

ヤラセ番組撮影のために入った精神科病院の廃墟は、観客の期待通りヤバイ所でそこから出れなくなる一行。何時になっても朝が来ない終わりの無い演出が◎。続編はまだマシな方だけど気にしないでください!(ホラーの続編大体ロクでも無い説 笑)

ちなみに邦画と違って洋画ホラーに殺人鬼系が多い理由は、銃社会で日常的に殺人が多いので直接的に死を連想させられる方が日本と違いリアルな恐怖心を掻き立てられるかららしいです! 対して邦画ホラーは精神的にくるやつが多いのが特徴です!そのうち後味が悪いホラー特集とかもやりたいですね。笑

次回は「伏線が凄い大どんでん返し映画特集」をお届けします。お楽しみに!