ニュース

那須川天心VSメイウェザーを検証 第3弾 負けた要因は大きく3つ

2019/01/10 (Thu)

那須川天心VSメイウェザーを検証 第3弾 負けた要因は大きく3つ

こんにちは! キックボクシング歴20年以上のホスナビスタッフ「キック」です。

大晦日RIZINでの那須川天心VSメイウェザー、残念ながらメイウェザーの圧勝でした。ただ試合前に賛否両論いろいろな議論が起きたり、今までにない格闘技の熱を感じました。試合前にこんなにドキドキしたのも久しぶりです。

敗戦の原因を検証

天心選手が負けてしまった原因は大きく3つあると思います。

1つめは体重差。これは前回のコラム前々回のコラムでも書いてきました。やはり体重差は大きいです。

2つめはボクシング技術の圧倒的な差。メイウェザーはボクシング50戦無敗。しかも最高峰の技術で勝ち続けたスーパーチャンピオン。対して天心選手はボクシング経験無し。

3つめはメイウェザーが予想に反し倒しに来たこと。華麗なディフェンスで天心選手の猛攻撃をかわしまくるとの予想が多数でした。

これらの要因を考えれば当然と言えば当然の結果でしょう。ただ、それでも「天心なら何かやってくれるんじゃないか?」という期待を持っていましたが、現実を突きつけられる結果に。

余談ですが、ボクシングのマニー・パッキャオはフライ級(50.80kg)からスーパーウェルター級(69.85kg)まで6階級で世界チャンピオンになる偉業を達成していますが、今回の天心選手の試合を観てパッキャオの偉業が異常すぎると再認識しました。

このチャンレジは無駄だったのか?

3度倒されて1RTKO。ダメージが心配でしたが、先日Twitterで元気な様子を投稿していました。

このツイートの数日後、UFCのスーパースター、コナー・マクレガーが天心選手に挑戦状を叩きつけてきました。

「私は総合格闘技のエキシビジョンマッチでテンシン・ナスカワと対戦するために東京に行きたい。夏の前に、だ。準備してほしい。すぐに、だ。チャンピオン中のチャンピオンより」

この挑戦状に対し天心選手は英語で回答。

「親愛なるミスター・マクレガー。僕の名前を覚えていてくれてありがとう。あなたが僕と戦うことを考えてくれることは名誉です。58キロで、キックボクシングルールなら近い将来どこかのリングで会えるかもしれません」

世界的スーパースターに挑戦状を叩きつけられるなんて快挙です! それはこの無謀なマッチに挑戦したからこそ。大きな挑戦のあとに大きなチャンスがやってくる。人生の教訓を見せつけられたようです。あともう体重差がある試合には臨まないようで安心しました。

那須川天心選手の次戦は3月!

天心選手の次戦は3月に行われるキックボクシングルール、RISEワールドシリーズ58kgトーナメント

このトーナメントには過去に天心選手をもっとも苦しめたタイのロッタンも出場。

現ムエタイ王者のスアキムも出場し超豪華なトーナメントになりそうです。

やはり天心選手のアメイジングなパフォーマンスを堪能できるのはキックボクシングルール。復帰戦でいきなり強豪との試合になりそうですが、どんなパフォーマンスで格闘技ファンを驚かせてくれるのか今から楽しみです!